サプリメントの選び方

日本人の7割がなんらかのサプリメントを摂取している昨今、間違ったサプリメントの選び方が蔓延しています。サプリメントは日本では食品の扱いになりますので、薬と違って効果を確約するものではありません。今回はサプリメントを買う際に注意すべきポイントについてまとめてみたいと思います。

巷に溢れているサプリメントを選定するために注意してほしいポイントは以下の5つです。

原材料は天然成分からできているか。
成分が正確に単位がついた状態で表記されているか。
加工方法がきちんと記載されているか。
適切な量の成分が含まれているか。
医学的証拠がきちんとあるのか。

さらに、サプリメントにはあらゆる種類のものが発売されていますがその中には過剰摂取しすぎると体に害になってしまうものがあります。例えば、鉄分は現代人に不足している栄養素ですが、過剰に摂取してしまうと慢性肝炎の原因になってしまいます。海外から個人輸入したサプリメントを利用している人もいますが、そもそも西洋人と東洋人では体型も体の構造も違うため摂取すると過剰に摂取してしまったり、体に合わない成分が入っている可能性もあるので避けたほうがいいでしょう。また、自分がサプリメントで摂取したい栄養素については予めどのような効果があるのか、どのくらいの量が適正であるのか事前に調べておいたほうがいいかと思います。

では、比較的安心なサプリメントを紹介します。サプリメントには様々な種類のものがありますが、中には未だに医学的にその効果がはっきりしていないものも存在しています。その中でもすでにその効果がはっきりしている栄養素は以下の通りです。マルチビタミン・ミネラル(ビタミンA、ビタミンB、ビタミンC、亜鉛、鉄分)、抗酸化物質(CQ10、α-リポ酸)、EPA・DHA、カルシウム、などです。これらのサプリメントに含まれている栄養素は人間の生命維持に必要なものがほとんどです。まずサプリメントを試す場合はこうした効果がはっきりとしたものから摂取してみるようにしましょう。

飲むタイミングにこだわる